42. 留学で感じた韓国と日本の英語教育の特徴と違い


韓国資本の語学学校の英語教育の現状を報告します。それぞれ特徴的で、学校も違いがありました。

一番弟子が、フィリピンの韓国資本の学校の情報を集めてきました。定番旅行ガイドブックの「地球の歩き方」に掲載されている語学学校のCNNに話を聞きに行ったり、友達に紹介してもらって学校オーナーにインタビューして感じたことをお伝えします。

日本人経営の学校2つ(CNE1とストーリーシェア)で英語を勉強して、韓国人経営の学校のオーナーや生徒にインタビューして感じたことね。まあ、偏ってるかもしれないけど。

どうでしたか?

韓国の学校は当然韓国人が多くて、生徒が若い!韓国って教育熱心やし、英語できないと就職できないから、親が留学させるねん。だから親の金で留学してる学生が多い。一方で日本人は社会人が自分のお金で留学するやろ。だからモチベーションは日本人のほうが高い気がする。でも、英語力は韓国人のほうが上やわ。あと、韓国人オーナーにインタビューしたら、予想以上に日本のことを知らないし、学校は日本人向けには整備されてない。
日本資本か韓国資本のどっちが合うかは人によって違うと思うわ。ただ、韓国人に囲まれて勉強してる日本人はみんな楽しそうやったよ。韓国語も話せる人が多いし。

なるほど。韓国が好きだったり、韓国ドラマが好きな人は楽しそうですね。

この後は、韓国人のお母さんに登場してもらって、韓国における英語教育の現状をお聞きしています。

音声ガイドブック一括購入
  • フィリピン旅行ガイドブックpart1 mp3ダウンロード販売
  • フィリピン旅行ガイドブックPart2 mp3ダウンロード販売
有料版の音声ガイドブックの全データは上からダウンロードできます。
スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です