5. 英語を楽しく勉強するコツ


英会話拳の重要なテーマの「英語を楽しく勉強するコツ」を師範代から一番弟子に伝授。この英会話上達ノウハウをフィリピン留学で実践するのです。

簡単に説明すると、現地でプライベートで英語の先生を雇って、フィリピン人と友達になる。そうやって遊んでいる中で英語を上達させるわけ。「現地人と友達になるコツ」も伝授していただいた。

これからフィリピン留学に行くわけですが、英語を勉強するのに一番大事なことは何だと思いますか?

えっ、何なん急に。なんか試されている感じがして怖い。

わははは。いやいや(笑)。

ええと、動機なんちゃう?

んー、まあまあ、んー、正解!

正解なんや(笑)。

続けて勉強することなんですよ。継続すること。中谷さんの留学期間って1ヶ月でしょ。それで英語がベラベラになるかというと。

まあ、難しいよな。

厳しい現実をたたきつけるとそうなんです。ただ、日本に帰ってきて英語を勉強する土壌は作れますよ。語学は全部そうなんですけど、使ってないと忘れるんです。だから、毎日ちょっとずつ英語に触れるような土壌を作ることが大事なんです。で、面白くなかったら続けられないでしょ。

面白いのは重要やな。

サッカーをずっとやってるのはサッカー好きだからでしょ。面白いからでしょ。語学もそのレベルにもっていかないと最終的に習得は無理なんですよ。

続ける状態にするってことね。そらそうやな。忘れるもんね。

でも、続ける状態にするのが難しいんです。中谷さんも今まで英語の勉強してたと思いますけど、日本で使わないからやらないですよね。

日本にいたら英語を使うシーンないもんね。必要ないから勉強しないっていうのはあると思う。日本だと英語をできなくてもいいしね。

でも、勉強するのが楽しかったらやるでしょ。

そんな方法があるの?

あります。だから、動機が大切っていうのは正解なんです。モチベーションを見つけることなんです。で、僕は学校の勉強はすごい苦手で、机に向かって参考書を開きながら勉強するのが無理なんです。できないんです。でも、英語はある程度までできるようになったんですよね。それは独自の勉強方法を編み出したからなんです。この学習方法を名付けました。「英語を楽しく勉強するコツ」っていうんです。

おお、そのままやな(笑)。

この方法を使えば中谷さんも知らない間に英語がベラベラになりますよ。すごいことになりますよ。

マジで。どうやるの?

英語を楽しく勉強するコツとは?

英語を楽しく勉強するコツは楽しんで継続すること

まず、フィリピンはこの方法をやる条件が揃ってるんです。英語が第2の公用語で、アメリカ企業のコールセンターがたくさんあるので、英語を喋れる人がたくさんいます。そして、人件費が安い。

だから、プライベートティーチャーが安く雇えるんです。チューターっていうんですけど、家庭教師を雇うんです。

僕が行ってた時は(まあ、結構昔ですけど。)時給200ぐらいだったんです。5時間やっても1000円ですよ。それで1日中話をするんです。自分がお金を払ってるんですから、勉強方法は自分で決めたらいいんです。もちろん先生のやり方に従ってもいいです。

最初に言ったように、僕は机の向かって勉強はできないんです。参考書見ながら頑張るとかできないです。続かないすわ。2日目もやろうと思わないです。楽しくないから。

でも、フィリピンの国は知りたいんです。だから、観光地に行ったり、映画を見に行ったりするんです。ビリヤードをしてもいいですね。

あ、先生と?

はい。先生と5時間一緒ですから。

あ、なるほど。

楽しい勉強方法を考えるんです。

それで英語を使うんです。そしたら、飽きないですわ。だって、遊びにいってるんですもん。
この方法がフィリピンでできるんです。安いから。

で、探し方も伝授しますけど、まずはプライベートチューターを探してください。簡単に探せますから。ウヨウヨ見つかります。

この会話の音声は下の再生バーで聴けます。

有料版では「楽しく勉強するコツ」「現地の人と楽しく遊ぶ方法」が具体的に伝授されていくんです。フィリピン人と友達になる方法や、使うと効果的なフィリピン人にうけるタガログ語講座もありますよ。

「英語を楽しく勉強するコツ」の有料版はnoteでも実験的に販売しております。

フィリピン留学事情について興味ある方は、実際の体験者にインタビューしているフィリピン留学体験談もご参考に。

音声ガイドブック一括購入
  • フィリピン旅行ガイドブックpart1 mp3ダウンロード販売
  • フィリピン旅行ガイドブックPart2 mp3ダウンロード販売
有料版の音声ガイドブックの全データは上からダウンロードできます。
スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です